とっても可愛い女の子とセックスするはずだったんだけど、ハリセンボンの箕輪はるかみたいな女が僕の目の前に現れてホテルに入ったまではいいのですが、何と無反応だったのです。
セックスは終わったらすぐにシャワーをして、服を着て2万円を要求してきて、そのままホテルをチェックアウト。
本当に頭の中はハテナしか残りませんでした。
しかも、熱く長い時間を楽しむことができると思っていたのに、時計を見たら30分しか経過していませんでした。
いったいなにが起こったんだろう?僕でもまったく分らなかったのです。
あまりにも不可解な経験でしたから、日頃から仲良くしている同僚にそれとなく話してみたのです。
そうすると彼は次のように話してきました。
「おまえ、そりゃ援デリだわ!」
「なにそれ?」
僕が分らない言葉が飛び出してきて、思わず聞き返してしまいました。
「なんだ業者とか知らないの?」
「それってどんな業者なの?取引先かな?」
「おいおい、大丈夫かおまえ?(笑)」
「ちゃんと説明してくれないと分らないんだけど」
「違法な風俗業者のことなんだよ。
スマともで無料のアプリだろう、そういうところにはこの風俗業者がたくさんいたりするわけだね。

メール交換したのは業者、それに派遣されたプロの女がやってきたってわけだよ。
プロフ写メとまったく違うなんてよくある話でね、しかも30分でマグロの女と一発ヤルなんてよく報告されているケースだぜ」
一気に言われて、膝から崩れ落ちそうになったのでした。
僕としては素人の女の子とのセックスを楽しむつもりだったのですが、知らぬ間にプロの女と関係を持ってしまったようでした。
「30分でマグロ、それで2万なんてバカらしいよ。
絶対に相手にしちゃダメな奴らだね」
「そんなのがいるなんてまったく知らなかった」
「ネットは危険な世界だからさ、ある程度知識がないと失敗するんだよ」
彼に言われてみればその通りだなって感じでした。